私があなたに脱喪してほしい理由

      2016/07/09

なぜ、脱喪についてのブログを書いているのか。
今回はそんなお話。

 

こんな想いでは書いてない

 

世の中は「少子化」で騒いでますね。

 

「少子化を何とかしよう!」
「少しでも結婚、出産の手助けになれば…!」
という想いで私は志高くこのブログを作っている…

 

な~んてことはまったく無いです!!!笑

 

少子化については、今の子供たちが将来大変だな…
そして私たち世代も老後が大変だな…
とは思います。

 

だからといって、「日本のために子供を産もう!」
って思う人、ほぼいないんじゃね?と思います。
(あたなたも感覚としてわかりますよね?)

 

万が一、私が結婚できたとしても、
「よし、少子化に一役買うために子供をつくろう!」
なんて、死んでも思わないだろうと容易に想像できます。

 

「少子化解消のために」結婚を推進する。
子供を産むのを推進する。
なーんて、とてもナンセンスだと思うのです。
(既に手遅れだと思うし。)

 

というわけで、少子化のためにブログを書く気は
サラサラないです。
(もちろん脱喪して結婚、出産に繋がったら素敵なことですけど。)
じゃあどんな想いなのか。ってところが今回の記事です。

 

喪女の頃の心の叫び。

 

喪女だった頃。

 

「私、このまま一生誰とも付き合えなくて…
ずーーーーっっとひとりぼっちで…
一生処女だったらどうしよう…(T-T)」

 

「そんなの嫌だ!(。´Д⊂) ウワァァァン!!
一度だけでもいい!異性に愛されたい!
男に抱かれてみたい!
女として生まれてきた悦びを味わいたい!」

 

そんな想いで枕を濡らす毎日でした。。。
あの時の絶望感は今も忘れていません。

 

「このままシワシワの喪処女ババアになるならば、
いっそ若いうちに死んでしまいたい…」

 

「いや、どうせ死ぬんだったら一発ヤッてから死のう!
この際誰でもいい!(`Д´)ウォォォ」

 

な~んてことを考えたこともありましたが。
実際は実行できるわけもなく。
やっぱり最初はちゃんと「彼氏」とエ〇チしたかったんです。
デートでキャッキャ♪したかったんです。
頭なでなでしてほしかったんです。
…ただ、愛されたかったんです。

 

で、私の想い。

 

あなたにも、そんな想いが少なからずありませんか?
(セカンド喪女のあなたは、
もう一生誰からも女として求められないかもという
不安があるかもしれません。)

 

人生、生まれてきてしまって、始まってしまった以上、
死ぬまで生きなければなりません。
だったら、できるだけ幸せを味わったほうがいいですよね?

 

あなたは、リア充やスクールカーストの上のほうの人たち、
普通レベルの女子たちより、辛い想いが多かったはずです。
不公平な世の中ですよね。ほんと。

 

辛いことがあった分、幸せもなくちゃやってらんねぇよ!!
生きてってやる気力もなくなるっつーもんですよ!

 

だから同志である喪女や変わり者のあなたには
幸せを味わってほしいんです。

 

家族以外の男性に(女性でもいいけど^^)
愛される経験をしてほしいんです。
私たちだって幸せになっていいんだぞ、と。

 

なので、そのヒントになればという想いで
このブログを書いてます。

 

あくまで“ヒント”。
答えは自分で動いて、動いて、見つけるんです。
動かなければ何も変わりません。そのままです。

 

本気で脱喪をしたいあなたは、
行動できる!はずです。
だから私はヒントを出して応援します。

 

偽善に聞こえるかもしれません。
ほんとに若干偽善かもしれませんw
信じるか信じないかは、あなた次第!

 

何となく、伝えておきたかったので書いてみました。
そんな感じで、今後もハック記事がんばります!

 
 
 




 
 

 - プロフィール , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,