恋愛したい!結婚したい!~自分の欲望を認めよう~

      2016/10/25

自分の素直な気持ち、
受け入れられていますか?
表現できますか?

 

彼氏なんていらないし?

 

「彼氏が欲しい!」
「恋愛したい!」
「結婚したい!」

 

何の抵抗もなくこう思える、言える方は大丈夫です。
その気持ち、大事にしましょう!

 

さて、心の奥底ではそう強く願っているのに、

 

「どうせ私なんてモテないし。」
「別に一人でもいいや。気楽だし。」
「恋愛・結婚なんてコスパ悪いし!」

 

という言葉で本当の気持ちを覆い隠しているあなた。
今回はあなたに向けてのお話です。

 

私もそうだったので痛いほど分かります。

 

本当の望みは?

 

心の底から
「彼氏なんていらない!」
「結婚なんてしたくない!」
と思っているなら何も問題ありません。

 

でも、ここを訪れてくれているあなたは、そうではないですよね?
彼氏が欲しいから、結婚したいから来ているんですよね?

 

私も以前は素直に「彼氏が欲しい」と言えませんでした。
友達に言えないのはまだしも、
自分の中でも自分の本当の気持ちを抑えて誤魔化していました。

 

そうすると、心は「欲しい!」のに
頭では「いらない!」と押さえ込んでいるので、
自分の気持ちが何なのかわからなくなってきてしまったのです。

 

アクセルを思いっきり踏みながら、
同時にブレーキを思いっきり踏み込んでいる状態…
こんなんじゃ故障します(笑)

 

相反する気持ちがぶつかり合って、
無理やり押さえ込んだ分寂しさが湧き上がってきて、
寝る前には必ず泣いていました。
翌日は寝不足と目が腫れて頭がぼーっとする毎日。

 

そんな中仕事をしてもはかどらないし、
仕事中も悲しい気持ちが襲って来て本当に辛かったです。

 

あなたはどうですか?
辛くて泣いてしまうことが多くないですか?

 

なぜ自分の気持ちを素直に認められないのか?

 

これは私の場合ですが、
幼少期からの体験に起因しています。

 

それは母親に容姿を受け入れてもらえなかったこと。

 

私は今でこそ普通体型ですが、
それこそ喪女時代はずっと太っていました。
(脱喪は太っていた時期にしましたが…)

 

そんな私に母は、
「痩せれば可愛いのに」
という言葉を何度も浴びせてきました。

 

お陰で私は
“太っている私は可愛くない=愛されない”
“太っている私は、恋愛をしちゃいけない”
という強い思い込み(呪縛)を作りました。

 

なので、心の底では
「愛されたい!恋愛したい!彼氏が欲しい!」
と強烈に思っていたのに、
「お前は可愛くないから恋愛なんてしちゃダメだ。迷惑だ。」
という分厚いふたで本当の気持ちを押し込めていたんです。

 

自分の本当を気持ちを認めようとすると、
「デブスのお前が恋愛していいと思ってるのか?」
という声が聞こえて来るようでとても怖かったんです。

 

あなたはどうですか?
何か強く思い込んでいることに心当たりがありませんか?

 

認めてしまえば、いいことがある

 

素直に認めるって、とても怖くて、恥ずかしくて、悔しい気持ちになります。

 

でも素直に認めて、受け入れることができたら、
自然と自分をまとう雰囲気が変わります。
重い空気がなくなって、人付き合いも変わってくるはずです。

 

更に信頼できる人だけで構わないので、
「彼氏が欲しい」
と言えるようになれば、
頑張って成長しているあなたの姿をみて、
協力してくれるかもしれませんね♪

 

じゃあどうやって認めるのよ?

 

これも私の経験からしか言えませんが、
上記の思い込み(呪縛)を作った原因を探って解消していくことです。

 

これはアダルトチルドレン(以下AC)の回復を目指す時にするワークで出てきます。
私は喪女の原因はACにあると前々から考えてきました。

 

ACについてはこちらで詳しく。
Wiki
NAVERまとめ

 

私は母親に女の子としての自信を潰されました。
その他にも、様々な暴言を浴びせられたり、
子供らしさを奪われたりといったこともありました。

 

ACの原因を探ることは、時に辛く、苦しいものでした。

 

原因を知り、強く母を恨みました。
何とか怒りを抑えようとしたものの、
ついに我慢は爆発し、直接母にぶつけてしまったのです。

 

一時は母と気まずい空気になりましたが、
母は当時のことを謝ってくれました。
今は普通の関係に戻っています。

 

それからはだいぶスッキリして、
自分の好きなことをやろう!と前向きになりました。
その後彼氏もできました。

 

このように、原因になった人(言葉)に直接アプローチできる場合は、
相手の状況を見ながら思いのたけをぶつけるのもいいでしょう。
(入院中とかはやめたほうがいいと思いますが…(・∀・;)

 

もし、他界しているとか、会えない場合。
イメージの中でも効果があるそうです。

 

原因になった人を思い浮かべながら、
思いっきり自分の想いをぶつけてください。

 

相手が受け止めてくれなくて悲しくても、
自分の気持ちを言えるようになるのが大事なんです。

言えた自分を「よくやった!」と思いましょう。

 

「相手を傷つけてしまうかも…」
と思っても、どう受け止めるかは相手の課題です。
今まであなたを傷つけてきた人を慮る必要はありません。

 

大事なのは、あなたです。
あなたの人生です。
まずは、自分のことを大事にしてくださいね(^^

 

アダルトチルドレン関係のオススメ本↓

相手の課題について↓


話題のアドラー、ベストセラー!対話形式で読みやすいです!

 




 

 - マインド , , , , , , , , , , , , ,