婚活市場では30代はうまくいかない?喪女には不向きかも。

      2017/03/20

どうも、ちえもです。

 

出会う為に結婚情報サービスへ登録。
でも、なかなかいい人に巡り会えない…
お金と時間だけが過ぎていく…

 

スポンサーリンク

 

婚活サービスで人は商品だった

 

私は30歳になってから一度だけ
●ーネットさんに話を聞きに行ってみた
ことがあります。

 

そこで出されたカタログ。

 

「ん?求人情報?物件情報?」
と思うくらい、条件がビッシリズラ~っと
列挙されていました。
正直、ドン引きでした。
人間を、条件だけで判断したり、
逆に条件だけで判断されたり…
気持ち悪い!!

 

ビジネス丸出しな感じがどうも受け付けない。
そりゃ結婚は契約だけどさー…なんか違う。

 

そう思ったのを覚えています。。
まぁ、もちろん条件で絞り込んで実際に
お会いしてお話するんでしょうけど…

 

年収と結婚したい人ならいいんでしょう
けど、結婚したい相手は“人間”ですよね?

 

結婚情報サービスは条件主義

 

婚活サービスなどではまず最初に条件
ありきです。

 

男性の場合は年収・学歴。
女性の場合は年齢です。

 

今の時代、若いうちに婚活しておいた
ほうがいい条件の男性と結婚できるのでは
と考える20代女性も沢山います。

 

男性は条件で絞り込む際に20代と30代の
チェックボックスがあったら、
「とりあえず20代にしておこう」
「ダメだったら30代にするか~」
という感じで選ぶ人も少なからずいます。

 

実際は29歳も30歳もほとんど変わりません
よね。35歳だって若く見える人、綺麗な人
可愛い人はたくさんいます。

 

でも、30代ってだけで年齢で切られて
しまう可能性があるんです。

 

向いてる人と向いてない人

 

正直、婚活サービスは短期決戦です。
女性はわかりやすい魅力を持っている人が
断然有利です。

例えば、

  • わかりやすく美人、可愛い
  • 物怖じしないコミュ上手
  • 男性の心を掴む術を知りえている

など。

 

恐らく、喪女には不利であろうと予想が
できます。

 

なので、そんな短期決戦ではなく、
人間性から入ってもらう中長期戦が理想
です。

 

わかりやすい見た目や条件だけでは
はかれないあなたの魅力を感じてもらう
方法を選びましょう。

 

同窓会や結婚式の二次会、知人の紹介、
趣味のグループ等など…
繰り返し何度も会えるかたちがオススメ
です。

 

それは、単純接触効果といって、
繰り返し会うことで好感度が上がるから
です。

 

しかもゆっくりお互いを知ることができる
から相性もわかるし、見た目も最初から
わかりますしね。

 

結婚ありきで出会う婚活サービスよりも
プレッシャーが少ないですし、かかる
コストも趣味を兼ねればお得ですね。

 

私も趣味の登山グループで彼と出会い
ました。

 

アクティブに動ける!という方は、
趣味の集まりや習い事は本当におすすめ。
恋愛意外に熱中すると寄ってくる~恋愛ばかりは重い~
でも書いたように、あくまで趣味を楽しむ
スタンスで。

 

遠回りのようで、実は近道かもしれませんよ。

 

まとめ

 

婚活サービス市場は、30代からはなるべく利用しないのがおススメ!
というお話でした。

    • 婚活サービスは年齢だけで切られることが往々にしてある
    • 趣味で自然に出会ったほうが、人となりも加味される
    • 趣味を楽しみながら、自然に出会うのがイチバン

 

 - 出会い , , , ,