おしゃれが怖い喪女~母の呪いがかかっているかも~

      2016/07/09

私もかつておしゃれが怖いと思っていました。
でも、すごくもったいないと思います。
恐怖心を無くして、おしゃれを楽しみましょう!

 

母の呪いをぶち破る!

 

おしゃれが怖い原因の一つとして、
おしゃれをしたら母に

毒母
色気づいちゃって!
と言われた経験がある方もいるかと思います。
私もその一人です。

 

母から「痩せれば可愛いのに」と言われ育った私は、

ちえ
私は可愛くないから女としてダメなんだ…
と思って生きてきました。

 

おしゃれは好きでも、「似合わないから」と
ガーリーな服は避けていました。

 

ところが、ひょんなことからふつう体型になった時、
思い切ってめちゃガーリーなフリフリのワンピを着てみたところ、
案の定

毒母
痩せたから着られるようになったんだね。女の子らしくなっちゃって!

と、デリカシーのない言葉を頂戴しました。
この言葉に恥ずかしさと母からの無言の圧力を感じ着るのが嫌になりそうだったのですが、

ちえ
ここで屈したら自分の人生を取り戻せない…!!私の人生は私のもの。何を着ようが母には関係ない!!

 

そう自分に言い聞かせ、可愛い服を着ることを自分に許可しました。
(その後やっぱり自分の趣味じゃないので着るのをやめましたがw)

 

悪い子だっていいじゃない

 
もしこういった母の呪いがかかってるなと思うあなた。
大人になったあなたは、もう母親の言うことを素直に聞かなくていいんです。
悪い子になっていいんです。自分勝手にしていいんです。
だって自分の人生だから。母の人生じゃないんだから。

 

あなたは自分の幸せだけを考えればいいんです。
育ててくれたお母さんが可愛そう?
母は母自身の人生に責任を持てばいいんです。
だって母の人生なんだから。自分の人生じゃないんだから。

 

母は、自分ができなかったことを娘がやってしまうことに嫉妬しているんです。
自由に生きてこられなかった自分と比較してしまって、イライラするんです。

 

無意識に娘が自分より幸せになることに嫉妬しているんです。
これが、母の呪いです。

 

幸せになっちゃえばいいんです。

 
でも、母は嫉妬しているだけで本当に娘が不幸になったら悲しみます。
自分ができなかった幸せを見せつけられるのはイライラするけど、
自分ができなかった幸せを娘が達成できたらやっぱりうれしいんです。

 

(よく、自分がやりたかったけどできなかった習い事などを
自分の子供にやらせる親いるじゃないですか。)

 

だから、あなたが

毒母
もう母の呪いとかそんなんどうでもいいわ!
って思うくらい突き抜けて幸せで笑顔になれば、つられて母も幸せになります。
嫉妬する気持ちも忘れてしまうくらい、幸せになるんです。
なぜなら毒母と娘は、毒母からしたら一心同体だから。

 

だから自分が幸せになることだけ考えていい。
自分の好きなようにおしゃれしていい。
おしゃれを楽しんじゃえばいい。

 

何か言ってくる母には、

毒母
私が幸せになるには必要なことなんだもん
と開き直っておきましょう。
(言い返さなくても、思うだけでもいいです。)

 

おしゃれを失敗したっていい。
人はあなたの服装に注目してないからちょっと失敗しても大丈夫!
失敗を糧にまた明日改善すればいいのです。

 

みんな研究しておしゃれになっていくんです。
最初からおしゃれな人はそうそういない。
(私もセンスないので研究中です。。)

 

さぁ、好きな服を着て出かけましょーう!

 

まとめ

 

  • おしゃれが怖いのは母の呪いかもしれない
  • 悪い子ちゃんでもいい!
  • 自分のおしゃれを楽しんでいい!

 
 
 




 
 

 - マインド , , , , , , , , , ,