彼氏ができない劣等感や自分の欠点を隠す努力はやめよう。

      2017/03/13

こんにちは、ちえもです。

 

あなたは、彼氏ができない劣等感を
お持ちですね?

 

今まで彼氏ができたことないなんて、
女として魅力がない・・・
もしかして人間的にも劣ってるの・・・?

 

そんなこと人に知られたら、引かれたり
バカにされたりする!絶対!!
隠し通さなきゃ・・・。バレないように・・・。
バレたら生きて行けない・・・!!!

 

その努力、やめてみましょう。
疲れませんか?

 

今回は、自分の劣等感や欠点を隠さずに
晒していきましょうというお話。


 

スポンサーリンク

 

劣等感や欠点を隠す努力は無意味

誰だって、劣等感を抱いたり
欠点を持っています。

 

私は意地悪、自慢しい、頑固で強情、
人としての器が小さい、飽きっぽい、
面倒くさがり、人の好き嫌いが激しい
といった欠点があります。

 

それら全部を隠そう隠そうとして
頑張っていた時期がありました。

 

めちゃくちゃ疲れた。しんどかった。
だって自分じゃないんですもん。

 

外出用に作った自分を演じるのは
ものすごくエネルギーを使いました。
「失敗しないように、
ボロを出さないように。」

 

そんな偽者の外出用の私しか知らない人
から好かれたとしても、それは外出用の
私を好きになってくれただけで、私から
したらちっとも嬉しくなかったです。

 

だって本当の自分を出したら離れていって
しまうだろうから。

 

だからずっと偽者を演じ続けなきゃ
いけないプレッシャーとストレスで
内側と外側の自分がどんどん乖離していき
病みました(笑)

 

今思うとなんと無駄な努力をしていた
ことでしょう!
あなたももしかして外では演じて
いませんか?

 

劣等感や欠点を晒すことの効用

嫌われないように、いわゆる「いい子」を
演じるのはそろそろやめたほうが
身のためです。

 

これからは劣等感や欠点を晒して
いきましょう。

 

初めはめっちゃ怖いです。だって本当の
自分を出したら「嫌われる」って
自動思考が働くから。

 

でも、アドラーの『嫌われる勇気』じゃ
ないですけど、自分がその欠点を
受け入れていれば、人も
「へぇ~、そうなの?」
といった感じの反応で案外あっけない
ですよ。

 

むしろ
「自分の欠点を受け入れてて強い人」
「自然体で生きてる人」
という印象を持ってくれます。

 

自然体の人って自信があって魅力的
ですよね。

 

人は自分と釣り合う相手とくっつきます
から、あなたが自然体で自信がある人に
なれば、おのずとそういった男性と
出会うことになるでしょう。

 

ただ、単に自分の欠点を晒して
「ダメな私だけど受け入れて!」
「ダメな私を慰めて!」
感満載だと相手はウンザリするので
ご注意くださいませ。
どうしたらいいのかは後述します。

 

オタクだと公言していた男性

私の思い出話になるのですが、
昔勤めていた会社にいた年上の独身男性
(当時30代中盤。私は20代中盤)
は「自分はアニヲタだ」と公言
していました。

 

当時オタクは世間で認知度が上がって
いたものの、まだまだ
「オタク=ちょっと異質な人・・・?」
みたいなイメージがありました。
(決してオタクが悪いとかディスってる
わけじゃないですよ!「世間的に」
ということで。)

 

その男性と話した時に、堂々と
「俺はアニメが好きだし、オタクだね」
と話してくれて、私は
「なんて潔いんだ!世間的なイメージは
どうでもよくて、自分を表現できる強い
人だ!自信があるんだな!」
と好感を持ちました。

 

晒してくれたことで距離も近く感じ、
親密感や信頼もUPした気がしました。

 

その経験から
「自分を隠さずに晒すことはすごい
ことだ!絶対みんなに嫌われるなんて
思い込みだし、好いてくれる人もいる」
と感じ、自分も欠点を隠さずに晒してみる
努力をしようと決意しました。

 

劣等感や欠点を受け入れて、晒す

ただ、いきなり何でもかんでも晒すと、
ただ傷つくだけの結果に終わり
ます(^^;

 

大事なポイントは、
まず、自分で受け入れてから

 

自分で受け入れてから晒してみましょう。
そして信頼できる人に晒すのが
いいですね。

 

大して知らない人にいきなり晒しても
「なんだこの人?」
ってなりますので。

 

スポンサーリンク

 

意地悪な私を例にすると

例えば、意地悪な私の例です(笑)

 

「私が意地悪なのは、自分が自分に禁止
している部分を見せてくる人に対して
イライラするから意地悪したく
なっちゃうのかも。」
と考えてみます。

 

“自分が自分に禁止している部分”。
例えば、ダイエットしている人
の前で、おいしそうにケーキを食べている
人がいたら、イライラしますよね?
「私はダイエットで甘いもの我慢してる
のにおいしそうにケーキ食べやがって!」
って。

 

私の場合、仕事ができない人に対して
イライラする傾向があります。
それは、自分自身に対して
「仕事ができない自分なんて価値がない」
「仕事できる自分じゃないと愛されない」
という思い込みがあるからです。

 

別に仕事できなくたって愛される人は
愛されますよね?
だから仕事ができないのに愛されている
人に対しては嫉妬心爆発で意地悪に
なってしまう黒い自分がいるのですw

 

そこをもっと深堀していくと、
「ああ、結局自分自身に自信がないんだ」
という自分の弱さにたどり着きますので、
「ああ、私は自信がないんだな。」
と受け入れ、自分に自信がないことに
自信を持てます(苦笑)

 

そのプロセスを経てから人に晒して
みましょう。

 

「私、自分に自信がないから人に意地悪
したくなっちゃう時があるんです・・・。」

 

そうすると、
「そっかぁ~。自信ないと
そういうこともあるよね。自分のことを
よく見つめてて偉いじゃん。」
と、相手もそこまで嫌ってはこないです。

 

そうすると、自然体の自分でも大丈夫だと
いう自信が少しずつついていって楽に
なってきます。

 

まれに
「意地悪なんて人間として最低!
このダメ人間!すぐ直せ!」
みたいな反応をしてくる人もいますが、
そういうのはその人自身に
「意地悪な自分はダメ」という禁止
を課しているのでそういう反応が
出てくるんです。

 

それはその人の課題なので気にせず
ほっときましょう。

 

一番の難問「付き合ったことがない」

恐らく、喪女のあなたが一番晒すのが怖い
のが「この歳まで一度も付き合ったことが
ない」ということではないですか?

 

うん、それ、めっちゃ恐怖ですよね!

 

これも前例の私の意地悪な件と同様に、
自分がなぜ一度も付き合ったことがない
のか、深堀してから晒してみましょう。

 

以下は簡単にご参考までに。

 

容姿に自信がない

⇒「容姿に自信がないから、自分自身に
自信が持てず、臆病になってました。」

 

コミュ症だから

⇒「自分に自信が持てなくて、人に
嫌われるんじゃないかと思って怖くて
コミュニケーションが苦手なんです。
それで男性とも喋れなくて・・・」

 

仕事ばっかやってた

⇒「仕事が楽しくて、仕事ばかり夢中で
やってた。でも、もしかしたら逃げてたの
かもしれません。男性と向き合うのが
怖くて・・・。女としての自信がないんです」

 

 

例を出してみましたが、劣等感や欠点は
人それぞれなのでご自身で考えて
くださいね!
自分の頭で考えることが大事ですよ!

 

まとめ

自分の劣等感や欠点は隠さないで晒して
いきましょう。

 

そのほうが、自然体で生きられ、相手にも
親密感や信頼感を与えられます。

 

ただ、晒す前に自分でその劣等感や欠点を
見つめなおして受け入れてからに
しましょう。

 - マインド , ,