失恋が怖い!?恋愛失敗談3エピソードからあなたが学べること

      2019/03/19

失恋の淡い思い出

失恋って怖いですよね。フラれるくらいなら今の関係のままで・・・なんて思う気持ちもわかります。

 

でもそのままだと一生その人とは何も無いままかもしれませんよね。シロかクロか決着をつけないと次に進めない。

 

私は今でこそ結婚もできて幸せですが、数多くの失敗を繰り返してきました。

 

私にとっては恥ずかしい思い出ですがこれから脱喪しようと頑張っているあなたの恋愛にお役に立てればと思い公開します。

 

是非、反面教師にしてください!

 

 

スポンサーリンク

 

告白すらできなかった

1つめのエピソードは高校時代。喋ったこともない隣のクラスの男の子が夢に出てきてから気になるようになりました。

 

学生時代って喋ったこともない相手のことを好きになるのって結構ありますよね(苦笑)恋愛はお互いのことを知って仲良くなってからじゃないとほぼうまくいかないのにどうにかなると思っちゃうんですよねぇ・・・。※ご参考⇒イベント時の告白の成功率を左右するもの!いきなり告白するな!

 

で、その隣のクラスの男の子。仮にY君とします。

 

Y君は学年の中ではカースト上位のグループに属する男の子でした。でも、見た感じは優しそうでオラオラ系ではなかった。そこに惹かれたんだと思います。

 

Y君とは本当に何も接点がなくて、こっちが一方的に気になってるだけでした。向こうは私のことを何も知らない。存在すら知らないんじゃないかというくらい。

 

これ、恋愛っていうか芸能人に憧れるようなもんですよね・・・。

 

唯一、接点があるとすれば、私の友人がY君とたまに喋るということでした。(※友人はカースト関係なく誰とでも仲良くできるような菩薩のような存在。)

 

その友人はもちろん私がY君を好きだなんて知らないですから、Y君のおもしろエピソードなどを聞かせてくれます。(友人はY君とは別の人が好きでした。)

 

その情報源からY君の人となりを想像して、ますます一人で盛り上がってました^^;

 

しかし私はデブスでネクラな存在感のない女。クラスでキラキラしてる一軍女子のように恋愛に積極的にもなれず、普通の男子と話すことすら罪悪感を覚えるくらい自分が大嫌い。

 

そんななのでY君には何もせず、遠くから見つめるだけの日々は過ぎてゆき、卒業。

 

でも、募りに募った想いを吐き出さないとどうにもできない!次に進めない!という自分勝手な思いから、友人に頼んでY君に手紙を渡してもらおう!と決心しました。

 

友人にその旨を打ち明けると、「自分で直接言ったほうがいいよ」と諭されました。

 

こんなカースト底辺の私がY君に直接告白なんてしたら、一軍女子の格好のネタにされる・・・・!!

 

そう思いビビって結局手紙すら渡さず、何もせずに糸冬了。その後しばらく引きずり一人で悶々と苦しむ日々でした・・・。懐かしい青春の1ペェジです・・・(爆)

 

この話から得られる教訓

一方的に知っている人を好きになるのは、芸能人に憧れるのと同じ。度が過ぎるとストーカーになりうる危険性もあるので気をつけましょう。

 

まずは仲良くなって距離を縮めてからじゃないと何も始まりません。※ご参考⇒イベント時の告白の成功率を左右するもの!いきなり告白するな!好きな人との距離を縮める簡単な方法!

 

そして自信がないと相手と接することもできません。自信を持つことから始めましょう。※ご参考⇒恋愛したい!という自分の気持ちを否定してしまう臆病なあなたへ

 

また、誰かにバカにされるからと自己保身に走るのは、相手のことを好きというより、自分の身のほうが大事だという証拠です。自分のことしか見えていません。そんなんじゃ相手を幸せにできません。

 

「もっと自信を持って」と言われた

2つめのエピソードは20歳の頃。バイト先の先輩でした。仮にB先輩とします。

 

ちょっと変わり者のB先輩でしたが、背が高くやっぱり雰囲気が優しそうで、年上で頼れる感じに惹かれました。

 

バイト中にB先輩がいるだけでテンションが上がり毎日が楽しかった・・・(遠い目)

 

しかし自信の無い私は何もアプローチできるわけでもなく、ただB先輩と少しでも喋ったり絡んだりすることだけが幸せでした。

 

B先輩にはとても仲のいい女の先輩がいて、付き合ってるんじゃないかと噂になっていました。本人たちは否定していましたが。

 

私はその女の先輩も好きだったので2人ならお似合いだと思っていました。

 

やがて私がバイトを辞める事になり、思い切って女の先輩に聞いてみたら、「よく言われるけど全然そんなことないよ」と否定しました。私はそれまで誰にも打ち明けなかったB先輩への気持ちを、女の先輩に話しました。

 

すると女の先輩が協力してくれることになりバイトをやめた後B先輩と2人でご飯に行けることになったのです!

 

そうして3回目のご飯の時に、ちょうどバレンタインがありました。

 

コじゃれた居酒屋でご飯食べながら「今日こそ告白するぞ・・・!」と意気込んで
みたものの、いざ本人を目の前にするとどうしても緊張と自意識が高ぶり言葉が出てこず・・・。チョコを渡すのがやっとでした。

 

それでも何とか想いを告げたくて、バイバイした後にメールで「好きです。付き合ってください。」と送ってみました。

 

その返事は・・・・・

 

「ちえもはいい子だけど、ごめん。もっと自信を持ってほしかったな。」という内容でした。玉砕です。

 

思い返すと、B先輩とごはんを食べている時も自信ない発言や卑屈発言を無意識に繰り出していていたと思います。きっとB先輩も辟易したことでしょう(ノ_・。)

 

こうして20歳の青春もあっけなく終わりました・・・。このB先輩もしばらく引きずりました。。

 

この話から得られる教訓

せっかくいいところまで行っていたのに、自分の自信の無さがアダとなり玉砕しました。

 

やっぱり、自信満々とまではいかないまでも、自分に自信を持っていて、一緒にいて楽しいコのほうがいいに決まってます。

 

しかしこの先輩の言葉のおかげで自信について考えはじめたので、先輩には感謝をしております。

 

直接言えず、メールで告白してしまったのも、自信のなさが故、対面での反応が怖かったからなのです。自信って、本当に大事ですね・・・。

 

スポンサーリンク

 

直接言えなかった

3つめのエピソードは23歳くらいの時。

 

とある教室の講師の方でした。といっても、私の2つ上のいいお兄ちゃんという感じ。仮にMさんとします。正直、一目ぼれでした。

 

その後仲良くなるにつれ、益々好きになりましたが、やはり好意を伝えるのには臆病でした。

 

しかしそのMさん、ちょっとチャラい部分もあり、男性慣れしてないのを見抜かれたのか、デブスの私に向かって

 

「昔すごく太ってたコと付き合ってたことあるよ」

 

等と、まるで私に希望を持たせるかようなことをちょいちょい言ってきていました。ズルイ奴です(笑)おちょくられてたんでしょうか・・・ ( ;∀;)

 

今回もご多分に漏れず、教室在籍中には何も行動が起こせずじまいで、教室のカリキュラムが全て終わり会えなくなってから想いを打ち明けました。

 

しかもまたメールで。

 

今度の恋こそ直接言おう!と決めていたにもかかわらず、私はまた失敗してしまった。面と向かって結果を聞く恐怖に耐えられなかったんですね。

 

で、Mさんの返事はもちろん「NO」。どんな内容だったかは覚えていません。

 

それに対し「ありがとうございました」とあっさり引き下がり糸冬了。実はそこまで好きでもなかったのかも?^^;あまり引きずりませんでした。

 

この話から得られる教訓

今回もまたメールで告白!

 

メールだと心理障壁が低くて伝えやすいですが、本気度が全く伝わらない。

 

自分にとってはいいけど、相手には「メールで告白するなんて、真剣じゃないんじゃないか?」と捉えられても仕方が無いです。今の若者はLINEなどで軽く伝える子も多いみたいですが。。

 

現代の子達は気楽に顔を見ずに告白とか付き合ったりとかザラにありそうですがやっぱり面と向かって、ドキドキして恥らってる姿を見せたほうが相手の気持ちにダイレクトに届きます。

 

自分の恥ずかしさを乗り越えていくことで、欲しいものが手に入るんです!

 

まとめ

3つのエピソードをご紹介しましたが、他にも失敗体験はたくさんあります。

 

それらの失敗エピソードのほとんどに共通して言えることが、自信のなさです。

 

それは直接告白することができなかったり、失敗した時の予防線として、その後合わずにすむ状況になってからじゃないと行動を起こせなかったりと如実に現れています。

 

自分に自信を持っていればうまくいっていたかもしれない場面も多々ありました。私が好きになった相手は自信を持っていたので、自信の無い私には魅力を感じなかったのでしょう。

 

また、ほとんど自分の事しか考えてない片思いばかりでした。自分と付き合うことで、相手がどういう風に幸せになれるか?なんて微塵も考えなかった。

 

とにかく、「私があなたを好きで、付き合いたい!」という自分本位のことしか頭になかった。それじゃあ相手も私と付き合いたいなんて思うわけありませんよね^^;

 

このエピソードがあなたのお役に立ちましたら幸いです!

 

 - 実際に私がやったこと , , , , , , , , ,